ディーラーで自動車保険の契約を結ぶ修理等のメリットとデメリット

一括して対応してもらうことができます

車を買い入れると、ディーラーによって自動車保険を推奨されます。とりわけ、ディーラーではノルマが設定されるので、非常に強く営業されることがあります。購入と保険加入が合わせてできるので、即座に契約する方も多いでしょう。しかしながら、無闇に加入をすると、補償が無かったり、保険料が割高になるので気を付ける必要があります。ディーラー保険のメリットとしましてまとめて対応してもらえるので労力を要しないことがあげられます。保険始期日のコントロールなどもしてもらえることから、納車日から保険適用できます。それから、トラブルが生じた時にも、ディーラーへ一報を入れるだけで対応してもらえます。修理から始まり保険適用まで、ひとまとめにしてディーラーが代行してくれますので、修理が必要になった時でも安心して利用することができます。

割引などの有利なサービスを受けることができます

また、割引サービスを受けることができる可能性があります。保険加入することを通して、価格割引を受けることができるディーラーが見受けられます。値段交渉するときに、保険も含めて契約すると伝達することで、アドバンテージとなる必要な条件を引き出せます。保険契約することになればディーラーに対して事務手数料が加わるので、プライスダウンしてくれる可能性が大きいでしょう。オプションサービス、あるいは非常に軽い修理でしたら無料になるなど、オリジナルな特典を準備しているケースもあるのでセールスマンに確認しましょう。

ディーラー保険の主なデメリット

ディーラー保険のデメリットとしまして、まず保険料が高いことがあげられます。代理店スタイルの大手損保が非常に多いので、通販スタイルと照らし合わせると3から4割ぐらい高くなります。それに加えて、ディーラーオリジナルな特典が付いたりするため、5割オーバーも高くなることも少なくありません。無理強いをしてローンを利用することによって購入した人は、値段の高い保険料にショックを受けるかもしれません維持費をカットしたいのなら、自分自身でリーズナブルな保険を見つけ出して加入することをお勧めします。また、担当者の保険に関する知識が浅い点も留意すべきです。ディーラーのセールスマンは、保険に関する知識があまりありません。中心はセールスすることですから、保険に関しては、仕方ありません。従いまして、セールスマンの言いなりになると、正常でない保険プランを提案されることがあり得ます。具体的には、契約に関する手続きのケアレスミスがきっかけとなって過去の等級がリセットされた方もいます。

記事一覧